製品紹介

歯車加工機
ホブ盤
輸入大型ホブ盤
横型ホブ盤
ギヤーシェーパー
シェービング盤
歯車研削盤
各種研削盤
その他工作機械
当社オリジナル製品
精機製品
その他製品

三菱製SH251ギアシェーパ ロボットによる自動化

ギヤシェーパの無人運転システム

この度、三菱重工製SH251標準機にロボットセルを採用することで複数ワークの自動加工化に対応する機械に改造しました。その概要についてご紹介させて頂きます。


主な特長

1. 3時間無人運転が可能です。
2. 複数ワークの段取り替えが容易です。
3. 加工完了ストッカに次工程ワーク籠を共用することでワークの積替えが不要です。

ロボットセルの構成

1. 遊休のデンソーロボット(VS−6345)を活用・改造しました。
2. 加工前ストッカは2列水平コンベアーとし、手作業にて都度供給が可能です。
3. 加工完了ストッカは次工程ワーク籠とし100個(3時間)を収納します。
4. 当社オリジナル対話ソフトでデータ入力・保存・呼出が容易です。

改造後の外観

三菱SH251ロボットによる
無人運転システム


主要仕様

1.作業範囲

テーブル中心とカッター中心との距離 −60〜220mm
テーブル上面からカッター取付面までの距離 160〜245mm
カッターストローク最大長さ 70mm
テーブル直径 340mm
テーブルセンター穴直径 100mm
カッタースピンドル直径 90mm
カッタースピンドル内径 50mm
加工物最大外径 250mm
加工物最大歯先径(外歯) 30〜250mm
加工物最大モジュール(外歯)

自動化レイアウト

Copyright(C) Sanwa-seiki Inc. All Rights Reserved.お問い合わせサイトマップサイトポリシー三和精機ニュース